1. 大阪のケータリングHOME >
  2. コラム >
  3. イベント >
  4. 思わず参加したくなる!社内イベントは人気の景品をそろえよう

思わず参加したくなる!社内イベントは人気の景品をそろえよう

思わず参加したくなる!社内イベントは人気の景品をそろえよう

イベント
2016/01/26

忘年会、新年会といった恒例の社内行事では、景品付きのゲームを開催する企業も多いのではないでしょうか? 予算の限られたなかで景品を用意するのは大変ですが、一方で、人気の景品をそろえれば、イベントの注目度もあがります。日頃の慰労や交流を兼ねた社内イベントでは、参加率が高いほどモチベーションアップやコミュニケーションの向上にもつながるはず。イベントに行きたくなるような景品の選び方や、購入の際に気を付けたいポイントを紹介します。

魅力ある景品で参加者にアピール

社内イベントのなかでも、懇親会や歓送迎会などは比較的全員が自由に楽しむことができる会です。しかし、せっかくの企画も欠席者が多かったり、いつも同じメンバーだけで楽しんだりするような会では開催の意義も薄れてしまうというもの。そこで意識したいのが、ひそかに楽しみにしている人も多いはずの「景品」です。普段は購入できないような限定商品や人気商品をそろえれば、アピール力も抜群に。事前にアナウンスすることで参加率も高まります。主催者の意気込みと参加するメリットを十分に感じてもらえるような景品選びを行いましょう。

どんな景品が喜ばれている?

景品を選ぶなら、喜ばれるものが一番。とはいえ、誰もが喜ぶものとなると難しいものです。そこで参考にしたいのが参加者の年齢層や家族構成です。年齢層によって、好むものが異なります。例えば、若い社員の場合、既婚、独身を問わず身だしなみを整える美顔器や電動歯ブラシなどが好まれます。また、年齢を問わず喜ばれるのが、大型の家電製品です。自動で動くお掃除ロボットや除菌や脱臭効果のある空気清浄機など、ちょっと贅沢なホーム家電を検討してみましょう。また、都市部で働く社員には、折りたたみシティサイクルのようなものも意外に好評のようです。そのほか、定番の旅行券や、グルメ食材が選べる金券、人気テーマパークのチケットなども人気です。できるだけ多くの人に配布したい場合は、少額のギフト券を多めに用意しておきましょう。かさばるような大型の景品は、会場では手渡さず目録として準備します。後日配送するように手配すれば、帰りの負担も気にならず、その配慮が喜ばれることでしょう。

人気の景品を賢く用意しよう

人気の景品をリストアップしたあとは、予算に合わせて取捨選択を行います。購入を決定するためにも、金額のチェックは念入りに。また、購入時には通販が便利です。出歩いて購入する負担が軽減されるだけでなく、ラッピングをしてもらえる場合もあります。その際、見積もりや請求書の発行が可能か、後日支払いができるどうかなど、経理上で必要なチェックも忘れずに行いましょう。
もし、景品として利用したい商品やサービスを、会社の取引先や提携先で扱っている場合、直接、企業間で相談してみるのもおすすめです。取引先の商品をプレゼントしたいという気持ちが伝わり、アピールするきっかけにもなるかもしれません。関連企業の製品だけにこだわる必要はありませんが、景品としておすすめの商品がないか、営業部や商品部などの関連部署に聞いてみるのもいいでしょう。

期待を感じさせる景品選びを

イベントではどうしても出し物のような企画が目立ちがちですが、ときには魅力ある景品が人を呼ぶこともあります。参加者全員が望み通りの品を手に入れることはできませんが、景品を狙って楽しむゲームを工夫しながら、ワクワクする時間を味わってもらいましょう。来年への期待を残せるイベントにするためにも、景品選びにひと工夫したいですね。
 

イベント
最新記事

関西の思わず参加したくなる!社内イベントは人気の景品をそろえようのページです。自慢の料理や喜ばれるプランがたくさん!関西のケータリング・パーティー・宴会ならマックスパートにお任せください。オフィスでのケータリングや同窓会や謝恩会、展示会など、会場の手配から企画運営まで対応します。