1. 大阪のケータリングHOME >
  2. コラム >
  3. イベント >
  4. チームビルディングの起爆剤に!社内イベントにスポーツを取り入れよう

チームビルディングの起爆剤に!社内イベントにスポーツを取り入れよう

チームビルディングの起爆剤に!社内イベントにスポーツを取り入れよう

イベント
2015/09/08

社内イベントでは、一体感の向上やコミュニケーションの活性化など、組織力向上が期待できる企画が求められます。どのようなイベントにするか悩んだとき、改めて見直したいのが「スポーツ」の活用です。多くの効果が期待でき、また企画運営しやすいスポーツイベントが、今、注目を集めています。
今回は、社内イベントとしてスポーツを取り入れるメリットや、開催しやすいスポーツ種目などについて紹介します。

キーワードは「全員」「参加型」

社内イベントを企画したとしても、実際の参加率が低かったり、特定の人だけが集まったりする内容では、社内全体に刺激を与えることはできません。社内活性化につなげるには、社員全員が参加できる総合的なイベントがよいでしょう。
社内イベントは、企業の想いを確認したり、周りとの交流を深めたりするための大切な場。できるだけ多くの人が参加できるような工夫が必要です。とはいえ、だれもが参加できる環境を作っても、ただ話を聞くだけといった受け身のイベントでは、コミュニケーションの機会が少なくなってしまいがち。参加者自身が能動的に、また自発的に動けるようなイベントが理想といえるでしょう。
そこで、今こそ見直したいのがスポーツイベントの開催です。スポーツは、選手だけでなく応援としての参加も可能で、全員が同じ場所に集まれるという大きな特徴があります。それぞれのスタンスで楽しむことができるため、気軽に参加しやすい理想的なイベントといえるでしょう。
運動会やスポーツ大会は、過去に多くの企業が取り入れてきたものであり、古臭いという印象があるかもしれません。しかし、そうしたイベントの再開こそが、愛社精神を高めるきっかけになるのではないでしょうか。

スポーツイベントに期待できる効果

スポーツは勝敗や点数で結果が見えやすいため、参加者の取り組み方によって他のイベントとは異なる効果が期待できます。より良い結果を残そうと、チームの一体感が高まり、連携プレイの必要性も理解できるようになるのです。スポーツを通して、チーム全体でのコミュニケーションが向上し、お互いを知り合うことのできる貴重な時間となることでしょう。社内全体でのコミュニケーション向上を期待するなら、部署や上下関係を超えたチーム編成をおこなうのがおすすめです。他部門との連携アップにもつながり、さまざまな形でチームビルディングにプラスの効果を与えてくれるはず。
ほかにも、仕事を離れスポーツをすることで周りの社員の普段とは違った一面が見え親近感を感じたり、イベントの準備のために日常に運動を取り入れたりといった効果も期待ができます。

参加したくなるスポーツイベントとは

社内イベントとしてスポーツを楽しむなら、多くの人になじみがありチーム戦を選びましょう。特に女性でも取り組みやすい「ソフトボール」をはじめ「ドッジボール」や「ボーリング」といった球技は人気のようです。また、「チーム対抗マラソン」といった男女混合のレースも面白いかもしれません。あるいは、スポーツイベントとしては定番の「運動会」なら、個人に合った種目がプレイできるだけでなく、大規模イベントとして準備段階から盛り上がります。

スポーツイベントで社内活性化

スポーツイベントは組織が一丸となり盛り上がるための最適な社内イベントです。チームビルディングの一環としてスポーツイベントを上手く活用し、社内活性化・組織力向上につなげていきましょう。

 

イベント
最新記事

関西のチームビルディングの起爆剤に!社内イベントにスポーツを取り入れようのページです。自慢の料理や喜ばれるプランがたくさん!関西のケータリング・パーティー・宴会ならマックスパートにお任せください。オフィスでのケータリングや同窓会や謝恩会、展示会など、会場の手配から企画運営まで対応します。