1. 大阪のケータリングHOME >
  2. コラム >
  3. フード >
  4. ビュッフェスタイルでもお腹いっぱい!ボリュームのある立食パーティー

ビュッフェスタイルでもお腹いっぱい!ボリュームのある立食パーティー

ビュッフェスタイルでもお腹いっぱい!ボリュームのある立食パーティー

フード
2014/12/06

立食式ビュッフェは、企業の祝い事や同窓会など、大規模なパーティーの際に取り入れられることが多いスタイルです。自由に歩き回れるので、着席式に比べて堅苦しくなく、ゲスト同士が会話を楽しめるのが魅力です。

多くの人と歓談しながらの飲食になるため、ドリンクが中心になり、あまり満足に食べられない、といった声もあります。着席式では料理を味わうことがメインになりますが、立食では会話をすることが中心となるため、短い時間でさっと食べられ、お腹も満足なボリュームフードがおすすめです。特に、男性が多く集まる企業パーティーでは、ボリュームのある、種類豊富なビュッフェが好まれます。

また、ビュッフェスタイルにシェフの実演サーブを加えるオプションは、パーティーが豪華になり、ゲストにも喜ばれます。

ボリュームフードといえば肉!

ボリュームフードといえば、やはり肉料理です。王道のローストビーフをはじめ、ローストスペアリブ、ローストポーク、チキンのハーブ焼、ガーリックチキンウイングなど、1つ1つが取りやすく、ボリュームのある、メインとなる肉料理を5種類以上用意するとよいでしょう。

また、シーフード料理もお腹いっぱいになるボリユームフードのひとつです。アペタイザーのカルパッチョやマリネなどに加え、メインになるソテーやフライなども人気です。簡単につまめるシュリンプフリットなどは、アルコールのおつまみとしても人気です。

米料理でお腹いっぱい

次におすすめのボリュームフードは、やはり日本人の好きな米。米を使った料理はお腹いっぱいになりやすく、男性にも女性にも不動の人気メニューです。チャイニーズスタイルのビュッフェではチャーハン、洋風スタイルではピラフやパエリアなど、数種類を用意しておくと、味のバリエーションが豊富で、ゲストにも喜ばれます。

和食スタイルのビュッフェでは、ちらし寿司や肉巻きごはん、おしゃれなカリフォルニアロールなどの寿司スタイルもよいでしょう。シンプルな巻き寿司よりも、アレンジの効いた豪華なロールスタイルの寿司が、ボリューム満点でおすすめです。牛カルビを巻いたカルビロール、海老の天ぷらを巻いた天ぷらロールなど、洋風な寿司スタイルが、ボリユームフードとしても人気です。

女性に人気の麺類

次は麺類。特に女性に人気の麺類も、お腹いっぱいボリュームフードのひとつです。特にパスタは、色々なスタイルで味のバリエーションができ、人気のメニューです。クリーム系、トマト系、オイル系と種類をそろえておくとよいでしょう。また、ビュッフェスタイルでは、パスタは時間が経ち、ふやけておいしくない印象がありますので、ペンネのパスタを使って少し硬めに調理しておく、といった工夫が必要です。

ボリュームだけじゃない、見た目も重視のケータリング

なんといってもボリューム満点がよい!というクライアントには、やはり揚げ物が好まれる傾向があります。近年のケータリングは見た目や質も重視するお客様が多く、昔のような「唐揚げ」といったシンプルな揚げ物よりも、ソースやピンチョスなどの小道具で、見た目がよくパーティーに映えるようなフード作りが求められます。揚げ物をトッピングしたサラダスタイルにするなど、ボリュームだけではなく、健康志向のトレンドも考えたメニュー作りが必要です。

特に立食式パーティーでは、フードの陳列がゲストにわかりやすく目につくため、器や並べ方、ディスプレイにまでこだわったケータリングに仕上げることが重要です。会話を楽しんでいただきながらも、さらに立食でもフードを味わっていただけるようなメニューと、見た目の華やかさが、立食式ビュッフェパーティーのポイントです。

フード
最新記事

関西のビュッフェスタイルでもお腹いっぱい!ボリュームのある立食パーティーのページです。自慢の料理や喜ばれるプランがたくさん!関西のケータリング・パーティー・宴会ならマックスパートにお任せください。オフィスでのケータリングや同窓会や謝恩会、展示会など、会場の手配から企画運営まで対応します。