1. 大阪のケータリングHOME >
  2. コラム >
  3. フード >
  4. 海外からのお客様を招くなら。パーティーのメニュー選びで気をつけたいこと

海外からのお客様を招くなら。パーティーのメニュー選びで気をつけたいこと

海外からのお客様を招くなら。パーティーのメニュー選びで気をつけたいこと

フード
2014/11/30

外国人のお客様を招待するとなると、勝手が違うことが多く、悩みは尽きないですね。それがVIPのお客様だと、なおのこと。特に食べ物に関しては、文化が大きく異なります。事前に十分リサーチしてからメニューを決めることが大切です。そうすれば、料理があなたのパーティーの成功を手助けしてくれます。

食べない理由

海外からのお客様によって食べるもの、食べないものがあるのにはいくつかの理由があります。

  • 宗教、法律で食べることが禁止されている場合
  • 慣習的に食べることが避けられている場合
  • 人間が食べるものだと認識していない場合
  • 個人的な趣向

宗教上のタブーがある

宗教によって、禁止されている食べ物があるので、細心の注意が必要です。

イスラム教では、豚肉は穢(けが)れたものと考えられているため、食べません。イスラム教徒であるムスリムが口にできる食品はハラルと呼ばれ、コーランの戒律に従った方法によって処理されている必要があります。つまり、イスラム教では材料を確認しただけでは食べられるかどうかの判断ができません。パーティーの参加者にイスラム教徒がいて、ハラルフードを用意する場合には、きちんとそれを明示する必要があります。また、アルコールも口にできません。

ヒンズー教はインドやネパールに多い宗教で、牛を神聖なものと考えているため食べません。基本的に動物の命を奪うことを嫌う宗教なので、ベジタリアンも多くいます。

ユダヤ教は旧約聖書の記述によって、非常に細かく食べてよいものを規定しています。「反芻(はんすう)しない、もしくは、ひづめが完全に分かれていないもの(イノシシ、豚など)」、「水中で生活するもののうち、うろこのないもの(タコ、エビなど)」といった細かい規定が多くあります。また、肉と乳製品を同時に食べることが禁止されているので、材料の組み合わせにも気を配る必要があります。

イスラム圏出身者だからといってイスラム教徒とは限りません。また、個人の信仰度合いには差があります。ゲストについて事前に細かくリサーチすることが非常に重要です。

食材にする文化・習慣がない

日本で一般的に食べられているものが、他の文化的背景を持った人には食材に使うものだと認識されていない可能性があります。日本では他の多くの地域同様、犬や猫は食べませんね。これは、犬や猫は愛玩動物として認識されているためです。こういった場合は、食べることが法律上禁止されることが多く、日本の動物愛護法などがそれに当たります。

個人的趣向・制限

人それぞれの好き嫌いはもちろんありますし、健康上の理由で特定の食物の摂取を控えている人もいます。宗教等にかかわらず、個人の意思によるベジタリアンもいます。一口にベジタリアンといっても、さまざまです。肉を食べないだけの人もいれば、卵や乳製品も含めた動物性食物を全く摂取しない人もいますので、ゲストの趣向を把握する際には、注意が必要です。

ゲストに喜んでもらうには

海外からのお客様、特にそれがVIPである場合には、食べられるかはもちろん、いかに喜んでもらえるかを考えましょう。

日本食を楽しんでいただく

せっかく日本に来ていただいたのですから、日本の食文化を堪能してもらいたいですね。パーティーだからと、高級な料理にこだわる必要はありません。「寿司や刺身は抵抗があるけれどラーメンは大好き!」というゲストなら、ぜひ好きな料理を味わっていただきましょう。煮物など家庭的な和食を一品加えても、海外からのゲストには目新しく映ります。

現代では日本食ブームによって、海外でも箸を使える人が増えています。招待するゲストが箸を使えるのかどうかもチェックが必要です。

ゲストの自国の料理でおもてなし

ゲストにとって日本は異国。旅の疲れをゲストの慣れ親しんだ味で癒してもらうのも、ひとつのアイディアです。サプライズとして歓迎の気持ちが伝わり、互いの異文化理解、歩み寄りの良いきっかけづくりになります。

日本は世界的に見ても、食文化がとても発達した国。世界中の料理を提供するための情報と技術を持っているからこそ、できることです。メニューに加えてほしい料理があれば、ぜひ相談してみてください。

ゲストの情報を細かく把握した上でのおもてなし

海外からのゲストに喜んでもらうためには、前もって情報収集をすることが必須です。「食べられない」というのは論外。絶対に避けましょう。

メニュー選びでおもてなしの気持ちを表現すれば、料理がパーティーの成功に一役買うものになります。そのようなときに助けてくれるのがケータリングサービス。決まったメニューだけではなく、さまざまな状況に合わせた提案をしてくれます。積極的に相談してみてはいかがでしょうか。

フード
最新記事

関西の海外からのお客様を招くなら。パーティーのメニュー選びで気をつけたいことのページです。自慢の料理や喜ばれるプランがたくさん!関西のケータリング・パーティー・宴会ならマックスパートにお任せください。オフィスでのケータリングや同窓会や謝恩会、展示会など、会場の手配から企画運営まで対応します。