1. 大阪のケータリングHOME >
  2. コラム >
  3. スタイル >
  4. 企業イベントはセンスの良いケータリングで好感度アップ!

企業イベントはセンスの良いケータリングで好感度アップ!

企業イベントはセンスの良いケータリングで好感度アップ!

スタイル
2014/11/12

ケータリング料理の選び方次第で、企業イベントの好感度が左右されます。女性が多いのか、男性が多いのか、どんな年齢層が多いのか……。

センスの良いケータリングを準備できれば、ゲストからの評価が高い企業イベントになるでしょう。好感度を上げるケータリングの選び方を、ゲストのプロフィール別に紹介します。

女性ゲストに喜ばれるケータリングとは?

一般的に、男性に比べて女性のほうが、料理をする機会も多く、企業イベントのケータリングもシビアにチェックしているといわれます。女性ゲストが喜ぶケータリングを準備できたら、ある意味、男性ゲストも満足させられるでしょう。どんなケータリングを用意すれば、女性ゲストに喜ばれるのでしょうか?

きれいな見た目もおもてなしのひとつ

老若を問わず、女性は美しいものが大好きです。食事つきのイベントに参加したら、やはりケータリングは重要なチェックポイントでしょう。華やかな企業イベントにおいて、料理がおいしいのは当たり前です。見た目もきれいなケータリングを目指してください。

彩りの良さ、食材から瑞々しい鮮度が感じられる、料理がきれいに並べられている、つまようじやピックに工夫がある……など、小さなことで見た目も左右されます。

取りやすさ・食べやすさもポイント

並べられた料理の取りやすさも、ちょっとしたことですが大きなポイントです。取り皿に取りにくい料理は、その都度、ストレスに感じるもの。手で摘まみやすい、小皿に乗っている、サーバーが料理に適しているなどイベント会場でのチェックも忘れずに。

ひと口サイズになっている、フォークでも簡単に崩せる、歯で噛み切りやすいなど、食べやすさもポイントになります。歓談しながらの食事は、手元に多くの注意を払えません。滴が洋服にはねたり、食べるのが難儀だったりでは、おいしさも半減してしまうでしょう。

やっぱりスイーツも重視したい

女性は甘いものが大好き……これは洋の東西を問わない真実です。企業イベントの担当責任者が男性の場合、デザートを軽んじる傾向が高いのではないでしょうか。

もしも女性ゲストのほうが多いと予測されているイベントなら、料理を加減してでも、スイーツの種類を豊富に用意したほうが高評価につながります。また、スイーツは美しくデコレーションしやすいので、全体的にもセンスの良いケータリングに見えるでしょう。

若い男性ならガッツリ炭水化物+肉類を充実

男性ゲスト、しかも比較的若い年齢層が多いようなら、ケータリングもそれなりに、お腹にガッツリ溜まるものを準備しましょう。ご飯ものなどの炭水化物に、肉料理を多めにそろえておくと喜ばれます。

お寿司、肉巻きおにぎり、ハンバーグ、ステーキなど、ひと口サイズにして用意します。牛丼など、ふだんから食べるようなものを、ミニ丼にしてサービスするのも喜ばれるでしょう。まだ食の経験が少ない若年層ほど、いつも口にしているものを「おいしい」と感じるのです。

熟年層には安心感をアピール

40代以降の年齢層が多いようなら、量よりも質を重視したほうが無難です。産地や生産者の顔が見える食材を使った、素材の良さを味わえるような料理なら、企業の質の高さや誠実さ、こだわりを伝えることにつながります。料理名のカードに、産地や生産者名を入れてみるのもアイデアです。安心感が伝わるでしょう。

また、塩分量やカロリーなど、健康面に配慮した料理も喜ばれます。企業イベントに参加する機会の多いゲストならなおのこと、そのような心づかいに企業の誠実さを感じるものです。

心づくしのケータリングがモノをいう

企業イベントでは、来場者の性別や年齢層などを意識しつつ、料理を準備してみましょう。ゲストのことを考えた心づくしのケータリングは、センスの良さにつながるだけでなく、企画した企業の好感度アップにもつながります。

おもてなし上手なイベントを企画して、ゲストに喜んでもらい、企業の誠意をアピールしましょう!

 

スタイル
最新記事

関西の企業イベントはセンスの良いケータリングで好感度アップ!のページです。自慢の料理や喜ばれるプランがたくさん!関西のケータリング・パーティー・宴会ならマックスパートにお任せください。オフィスでのケータリングや同窓会や謝恩会、展示会など、会場の手配から企画運営まで対応します。