1. 大阪のケータリングHOME >
  2. コラム >
  3. スタイル >
  4. 組織力を高めよう!チームビルディングに最適なゲームとは

組織力を高めよう!チームビルディングに最適なゲームとは

組織力を高めよう!チームビルディングに最適なゲームとは

スタイル
2014/12/09

チームビルディングとは、一つの目的をもってゴールに向かう仲間作り、組織作りのことです。最近は、企業内やサークルなどで、思いを一つにするためのイベントとして企画されることが増えています。その方法はさまざまで、合宿スタイルで大がかりな研修を行う場合もあれば、定期的なミーティングの中で取り組めるゲーム形式もあります。
組織力アップを目指すためとはいえ、大きな予算を必要とするイベントを企画実行するのは難しいもの。まずは、室内の研修で使えるような簡単なゲームを試してみてはいかがでしょうか?

遊びがもたらすチームビルディングへの効果

チーム内のモチベーションを高め、さらにその情熱を維持させるためには、お互いの信頼関係やポジティブな考え方、積極的な姿勢などが求められます。特に企業内で、そうした組織づくりを目指す場合には、上司と部下の関係だけでなく、同僚同士の交流を深めることが大切なポイントです。
そこで、ゲームを使って心をオープンにし、仲間を知る機会を作ってみましょう。遊びの時間をきちんと設けることで気分をリセットし、頭を切り替えることも可能です。肩書きを取り除いた遊びの中で壁を取り除き、仲間意識が高まります。

チームの成長に合わせたゲームを選ぼう

チームとしてサポートしあえる関係は、信頼なくしてありえません。まずは、お互いを知ることから始めましょう。定期的にゲームを行うとしても、同じ内容では飽きてしまいます。チームの成長段階に合わせたゲームを考える必要があります。

チーム結成時期

お互いをよく知らない始めの時期には距離感を縮め、緊張を解きほぐすようなゲームを行いましょう。おすすめなのは、名前を使ったゲームです。自己紹介を兼ねることができ、やり方も簡単です。

  • 「“実は”自己紹介」……普通に自己紹介をしてもらいます。そのなかで、「実は…」という言葉を必ず使ってもらいます。意外な一面が見えることで、より親近感を感じます。
  • 「他己紹介」……二人一組となり、お互いに自己紹介を行います。その後、全員で大きな輪になり、ペアになった相手を紹介します。相手の話を聞く姿勢が身につきます。

チーム過渡期

同じ目的に向かっていても、到達するまでには意見のぶつかり合いや個人の主張が強くなる時期があるもの。そうした経験を経ることで、信頼されるリーダーが生まれ、そのほかのメンバーがそれぞれの役割を理解することになります。こうした過渡期には、信頼関係を高めるゲームが良いでしょう。
おすすめのゲームは「ペーパータワー」。数人のグループに分け、A4の紙1枚だけで、できるだけ高いタワーを作ります。作る前に10~15分の作戦タイムを与えます。用紙は予備として30枚程度を配布しますが、作戦を練る際には1枚しか触れてはいけません。実際の作成時間は30秒から1分程度。作成にいたるリーダーシップや協力体制、アイデアの総括などが学べます。

チーム成熟期

チームの信頼関係が高まれば、あとはリーダーからの適切な指示と、メンバーの理解力、協力体制によって課題解決に進みます。コミュニケーション力を高めるゲームを取り入れてみましょう。
この時期に行いたいのが「スノーフレーク」というゲーム。メンバー全員に紙を配布、リーダーの指示に従って、紙の一部を切ります。その用紙を二つ折りにし、さらに切り込みを入れたり、切り取ったりします。この作業を3~4回繰り返したところで、紙を開きます。全員の紙を見比べて、同じ指示で切り取っているのに形が異なります。お互いに解釈の多様性を学ぶことができます。

手軽なゲームで組織力アップ

ゲームは子ども心に返り、気分をリフレッシュさせてくれます。企業であれ、団体であれ、何かを最後まで成し遂げるためのモチベーションは、関わる人たちの状態に大きく左右されます。メンバー全員が情熱をもって取り組むために、思いを共有するチームビルディングに取り組みましょう。
 

スタイル
最新記事

関西の組織力を高めよう!チームビルディングに最適なゲームとはのページです。自慢の料理や喜ばれるプランがたくさん!関西のケータリング・パーティー・宴会ならマックスパートにお任せください。オフィスでのケータリングや同窓会や謝恩会、展示会など、会場の手配から企画運営まで対応します。