1. ケータリングHOME >
  2. 事例 >
  3. 卒業生に一生の思い出作りができる謝恩会を!

S大学様

学内をホテルに変身させる方法とは!?

この度、企画した湘南にある男子学生の多い大学における卒業の謝恩会は、大学事務局や校友会が中心となって企画や料理の内容を決めていました。そして、ここ数年の運営は、学内の食堂をやっている会社に任せていたのですが、満足のいく結果が得られないという課題を抱えていらっしゃいました。

少しでも多くの学生に参加してもらうために、事務局でも毎年さまざまな施策を考え工夫を重ねてきたのですが、今回、全く新しい試みとして、ケータリングを利用してみたいとのことでご依頼をいただきました。

体育館でもホテルライクな
謝恩会
にしたい!

「きらびやかで学生が普段は食べることのできないような料理を出したい」「会場の体育館をホテルのようにシックに見せたい」というのが、事務局の方々のご要望でした。以前、実際にホテルで謝恩会を実施されたそうですが、卒業生の参加率が落ちてしまったとのこと。学生にとっては、よく知らない場所へ行くより、通いなれた校舎で実施したほうが参加しやすかったのでしょう。

しかし、体育館は、大人数は収容できるものの、ホテルとはあまりにもかけはなれた環境です。さらに、これまでの謝恩会の料理はホテルのそれとは程遠く、運営としては頭を抱えているというお話も……。そういった理由から、体育館とホテル、この2つの良いところを同時にかなえて謝恩会を実施できる企画をという軸で考え始めました。

卒業生の目線で考えると企画と料理が大きく変わった!

卒業生の思い出作りになるような謝恩会を実施するために考えたのは、学生たちの目線で企画しようということでした。自分たちの学生時代のことを思い出しながら、今の学生にも喜んでもらえるような企画を立てられてこそ、記憶に残る謝恩会になると考えました。

学生のココロをつかんだ撮影ブース

今も昔も卒業の謝恩会なら、思い出作りのために写真を撮りまくるであろうと思い、学生たちが撮影しやすい写真スポットを設置することにしました。実際に下見をしながら模索した結果、体育館の限られたスペースのなかで一番キレイに写真が撮れる場所はやはりステージであろうということに。そこで、ステージ上の演台に大学のステッカーを貼って撮影ブースを設けました。

この予想は、ズバリ的中! 卒業生たちが演台を中心に教授を囲んで写真を撮る姿が、大変多く見受けられました。また、学生だけでなく、来賓の方々もステージ回りで撮影するなど、写真スポットとして大成功でした。

学生ウケをねらったBGM

学校が湘南ということもあり、昨年まで放映されていた湘南を舞台としたテレビ番組に使われていた曲を、入退場時のBGMにしました。

身近で親しみやすい音楽を流すことで、卒業生に少しでもリラックスしてもらい、パーティーを楽しんでもらいたいという思いからです。謝恩会というと格式を重んじてクラッシック音楽を選びがちですが、学生の立場に立って考えると聴きなれた音楽のほうが良いだろうということで選びました。

男子学生でも写真に撮りたくなる料理

男子学生は女子学生に比べて、きっと質より量の食生活を送っているだろうと考えました。ましてやホテルでの食事経験がある学生など、そう多くはいないでしょう。これから社会人として多くの初めての体験をするにあたり、その第一歩となるような料理体験をしてもらえるようなケータリングメニューを検討しました。

提案したなかでもピンチョスタワーは学生たちの注目の的。照明にも工夫を凝らし、料理が美しく見えるように演出したおかげもあってか、多くの学生が料理の写真を撮ってくださっていました。

ホテルライクな
謝恩会成功のポイント

  • 参加率を重視! なじみのある体育館を利用!
  • ホテルらしいきちんと感は料理で演出!
  • メインゲストである学生が喜ぶ企画を!

最初は難しく思えた体育館でのホテルライクな謝恩会ですが、大掛かりな企画をするのではなく、ちょっとした工夫で、卒業生の一生の思い出作りに貢献することができました。「校友会や来賓の方々からも、前回より雰囲気がとても良くなったとお褒めの言葉をいただいた」と事務局の方がうれしそうにお話しくださいました。

ご要望いただいたのは「学生時代最後の思い出作りになるような卒業謝恩会。」ホテルのような「きちんと感」もあり、それでいて学生が思う存分楽しめる謝恩会を企画しました!

最新記事

関西の卒業生に一生の思い出作りができる謝恩会を!のページです。自慢の料理や喜ばれるプランがたくさん!関西のケータリング・パーティー・宴会ならマックスパートにお任せください。オフィスでのケータリングや同窓会や謝恩会、展示会など、会場の手配から企画運営まで対応します。